ブラサカ@原田小学校 |サイコスポーツ株式会社

ブラサカ@原田小学校

筑紫野市の原田小学校でブラサカ体験会を開催。パラリンピックの正式種目であるブラインドサッカーを体験すること。さらにそこから障害者理解を深めることが目的です。いわゆるオリパラ教育として位置づけられると思いますが、学校は総合学習の時間を利用して、4年生対象に行っているそうです。

DSC_3848

DSC_3902

遊びの中から見えない状態、見えない感覚を体験します。そして動きや条件を複雑にすることで、視覚障害者の人たちの生活感をイメージ。今日の子供たちにとっては、非日常的な体験となるわけです。

DSC_3936

単純にブラインドサッカーの体験で終わらせたくない思いがあります。視覚障害に関する知識よりも、どう向き合い、どう寄り添うか。ブラサカ体験のメニューによって、喜怒哀楽を共有することが基本だと考えています。見えない状態で出来ないことは出来ない。周囲とどう関わって行動するかが落とし込みたいポイントです。

DSC_4034

DSC_4036

協働作業と協応動作がメニューづくりの必要条件だと感じています。

体験会は2020年までに九州全域に拡大させようと思います。もっともっとプログラムの質をあげたい。そのために現場の先生方の意見や感想を吸い上げたい。その仕組みづくりが急務です。

今年は宗像市と日韓戦の計画も進めています。九州ブラインドサッカー協会の普及活動を加速させます。

(渡辺)